<< はらぺこあおむし。 | top | 杏。 >>

ぶどうの作業。

 

6月上旬この状態だった巨峰。
その後の成長の過程を更新できませんでした><

今はこんなに立派になりました。



ここ数年、親子ぶどうといって種のある粒と種のない粒が混ざっている房が多く
ぶどうづくりには悩んでいました。

今年は開花の前後のお天気に恵まれしっかり種のあるぶどうに育ってくれました。

以前に紹介した房切りのあと、花が落下してから房を落とす摘房という作業に入りました。
野菜などの間引きと一緒です。

そのあと更に摘房し
上の写真のようにパンパンになっている房の粒を一粒一粒はさみでぬく摘粒という作業が続いていました。時間がかかり根気のいる作業です。

そのあと袋かけ、傘かけが続きます。



現在は2枚ある畑のうち1枚の袋かけまで終わりました。ここまでくると少しホッとします。

もう1枚の畑の摘粒、袋かけがまだ残っているのでもうしばらくは気が抜けません。

一日中、父ちゃんと並びぶどうの粒をちょきちょきしているので、本当にくだらない話をしながら毎日作業しています^^



写真、ぶどうは今年初挑戦、シャインマスカットというぶどうです。

実は・・・自分でも食べたことがなく、早くたべたい〜といいながら作業しています。







ちな農園 | ぶどうの作業。 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH